コラム記事
最新の記事
コラム記事
事例紹介
商品・サービス
日本語
English
한국어
Français
Deutsch
日本語
ไทย
Português
español
Bahasa
italiano

建設業の課題解決にはタスク管理ツールが必須?!導入メリットを紹介

建設業の課題解決にはタスク管理ツールが必須?!導入メリットを紹介

建設業は多くのスタッフがそれぞれのタスクを納期内に完遂させることで、はじめて一つのミッションを達成することができます。そのため、プロジェクトに関わるスタッフや会社のタスクを綿密に管理しなくてはいけません。

さらに、建設業には業界特有の課題もあり、タスク管理が非常に重要なため、多くの建設業に関わる企業がタスク管理ツールを導入しています。今回は、建設業の課題解決にタスク管理ツールが必要な理由と導入メリットなどについて解説するので参考にしてみてください。

 

建設業にタスク管理が必要な理由

建設業の現場にはさまざまな課題があるため、タスク管理が非常に重要です。建設業にタスク管理が必要な理由を紹介します。

・人手・スキル不足

少子高齢化による影響で、建設業の現場でも50歳以上の熟練作業者が増えている状況です。その一方で、若い人材の労働力不足と育成が課題となっています。

売り手市場のため建設業以外の業種へ若い人材が流れ、作業者の育成が進まずノウハウも蓄積されにくい状況です。建設業の現場では高いスキルが要求されますが、若い世代のスタッフの定着率が下がっており、高いスキルを持つ人材が育ちにくくなっています。

・事故発生率が高い

建設業の現場は、危険で事故が発生しやすい環境といえます。安全性を高めるためには、初期に想定していたタスクを納期内に着実に遂行することが必須です。また、納期に間に合わせるために作業が雑になると、事故の発生率が上がってしまうため、適宜最適なスケジュールに変更する必要があります。

しかしながら、建設業ではDXが推進されておらず、アナログな作業が多いのが現状です。そのため、タスクやスケジュール管理も未だに手動で実施されているケースが多い点も課題といえるでしょう。

・プロジェクト内容が頻繁に変化する

建設業の現場では、プロジェクトのスタート時には想定していなかったイレギュラーな問題や課題が発生することがよくあります。そのため、スケジュールや作業内容も頻繁に変更されることが普通です。

したがって、納期や品質を遵守するためには、作業の管理・効率化が必須だといえるでしょう。管理者だけでなくスタッフ全員で、スケジュールやタスク内容の変更を認識できる仕組み作りが必要です。

・コスト管理の適正化ができていない

建設業のプロジェクトは管理すべき項目が多く、コスト管理が徹底できていないケースが散見されます。例えば、たくさんの資材の在庫管理や重機のランニングコストなどを細かく管理できなければ、正しい収益状況を把握できません。

細かい項目を積み上げるとコストが肥大している可能性もあるので要注意です。プロジェクトで必要なコストをすべて可視化したうえで、ビジネスの妥当性を判断する必要があります。

 

建設業におけるタスク管理ツールの概要と導入メリット

建設業の課題を解決するためには、タスク管理ツールの活用が有効です。タスク管理ツールの概要と導入メリットを解説します。

・タスク管理ツールとは

タスク管理ツールとは、プロジェクトのタスクを可視化し、管理しやすくするためのツールです。プロジェクトの管理者だけでなく、スタッフ全員がタスクを共有できるため、タスクの抜け漏れやスケジュール遅延の抑制といった効果が期待できます。

タスク管理のおもな機能としては以下のようなものが挙げられ、いずれも建設業の現場で有効活用できるものばかりです。

 

・プロジェクト管理:プロジェクトのタスクや進捗を全員で共有できる機能

・TO DOリスト:スタッフごとのタスクを可視化する機能

・スケジュール・工数、チーム管理機能:タスクごとの納期を設定し、抜けもれなく進行させる機能

 

タスク管理ツールを建設業の現場に導入するメリットを以下で解説します。

・品質の担保と納期を遵守しやすくなる

タスク管理ツールを建設業の現場に導入することで、すべてのタスクが可視化され、業務の抜け漏れを抑制することが可能です。業務を前倒しで進めたり、遅れている業務をカバーしやすくなったりするためスケジュールを遵守しやすくなるでしょう。

また、進捗が遅れそうなタスクを事前に把握できるため、ほかのスタッフがフォローしたり、スケジュールを変更したりする調整もしやすくなります。

・建設業の生産性向上を実現

タスク管理を導入することによって、業務の工数やコストが可視化され、無駄が省ける点も大きなメリットです。適切にリソースをアサインできるようになるため、プロジェクト全体の生産性向上につながります。

管理における杜撰な部分を改善し、プロジェクトの運用を最適化するためにも、建設業の現場にはタスク管理ツールを導入するべきでしょう。

 

建設業の生産性向上にはタスク管理ツールが必須

タスク管理ツールを導入することによって、案件の立ち上がりからタスク管理を行うことが可能になります。物件ごとにプロジェクトを立ち上げることで、お客様情報の管理や一通りのタスクを全て落とし込むことができ、プロジェクト管理体制の最適化につながります。

建設業者が扱う物件は規模や種類がさまざまですが、全体的な一連のフローが大きく異なることは少ないとされています。そのため、テンプレートを作成することで様々な案件に適用させることができるでしょう。

そこでおすすめしたいタスク管理ツールが「タスクワールド」です。

タスクワールドは建設業だけでなく、コンテンツ制作や製造業、不動産、医療、教育など、多くの現場で活用されています。豊富な機能を提供しているだけでなく、タスク管理ツールとしての使いやすさを追求している点が特徴です。

直感的な操作ですべてのタスクが管理できることはもちろん、タスクごとの工数や業務の詳細なども確認できるので、ITリテラシーが低い方が多い現場でも安心して導入できるでしょう。また、検索機能に優れたファイル共有機能や直感的に編集できるテーブルビュー、チャット・メッセージ機能などを活用することで、プロジェクト全体の生産性向上を実現することが可能です。

タスクワールドでは、プロジェクトのテンプレートを作成して、さまざまなプロジェクトで適用できるため、案件の問い合わせ段階、図面作成においても高い効果を発揮します。

なお、タスクワールドは無料トライアルを提供しているので、以下のページからぜひご利用ください。

タスクワールドの無料トライアルはこちら

使い勝手をとことん追求した 世界基準のタスク管理ツールで、コラボをスマートにしませんか?

Loading...